テストテスト

【Chainlink|チェーンリンク|LINK】とはどんな仮想通貨?将来性はあるのか?特徴、価格、基本情報を徹底調査!

Bitmo(ビットモ)です

ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」と言われています
アルトコインは、数百種類以上存在していますが、

その中で今回は、Chainlink(チェーンリンク)について見ていこうと思います。

「それ知ってる!」という方も
「初めて聞きました!」という方も

一緒にみていきましょう!

とその前に各アルトコインを見るときに
様々な表現がなされていますので、
事前に見方をお話しします。

銘柄名 Chainlink (チェーンリンク)
シンボル LINK

このシンボルというのは、アルトコインの
単位のことであり、表記される際はこうしたシンボルだけで
表記している記事も多いので、覚えておくと役立つでしょう。

それでは早速、Chainlink(チェーンリンク)が一体どんな銘柄なのか?
基本的なところから見ていきましょう。



概要を見ていこうと思いますが、仮想通貨を始めとした
アルトコインに関しては、聞きなれない用語が多く出てきます。

そこで、まずはじめにどんな銘柄なのかということを
知っておいた後で、概要を見ていこうと思います。

簡単に説明すると

Chainlink(チェーンリンク)は分散型のデータ管理サービスです。

これを念頭に概要を見ていただくと
よりわかりやすいと思います。

【Chainlink|チェーンリンク|LINK】とは?概要はこちら

それでは、Chainlinkの概要です

知っている方なら聞いた事があると思いますが
”オラクル系”銘柄 と言われています

しかし、この”オラクル系”と聞いてもどんな事かが
イメージしづらいでしょう

Oracle(オラクル)という会社があるのはご存知と思いますが
このオラクル社が作っている

『Oracle Database(オラクルデータベース)』

データベースというのはデータの集合体で
検索、蓄積された情報などを簡単に整理した物と考えてもらえれば大丈夫です。

こうしたデータベースを管理するのが
データ管理サービスとなります。

その”データ管理サービス”を多くは
Oracle(オラクル)と言われています。

そのため、Chainlinkが
”オラクル系”銘柄と言われているわけです
データ管理サービスというのは、既存の社会の中で
多くの場所で使われています。

ネットに溢れる情報やお店屋さん、会社名や
あなたの個人情報など、すべての情報がデータであり
日々蓄積されていき、”データベース”になるわけです。

この”データベース”ですが、当然ながら管理しているところがあります
会社情報であれば法務局、ネットの情報であればGoogle、ネットショッピングではAmazon
など、情報の種類はあれど中央に管理者がいる中央管理型となっています。

Chainlinkの場合、こうした従来の中央に管理者がいる中央集権型ではなく
管理者がいない分散型のデータ管理をするのがChainlinkとなります。

管理者がいないのに管理が出来るのか?

当然そう思います。

そこで登場するのが”ブロックチェーン”です

ブロックチェーンについては、別で記事にしているので
そちらを参考にしてみてください

簡単に説明すると台帳管理を自動化した仕組みの事

これにより、中央集権という形を取らなくても
データ管理ができるようになる所謂”分散型”となります。

CC LAB.公式LINEはこちら


【Chainlink|チェーンリンク|LINK】の基本情報

銘柄名 Chainlink
シンボル LINK
発行枚数 1,000,000,000 LINK

Chainlinkはアメリカのスマートコントラクト社によって設立
2019年5月にメインネットが公開

Chainlinnkウェブサイト

【チェーンリンク】の時価総額

市場ランキング :5

時価総額:5,630億円

発行枚数:10億 LINK

流通枚数:3億5千万 LINK

24時間取引量 :¥1,980億円

(2020年8月23日時点)

時価総額確認サイト
コインマーケットキャップ

【チェーンリンク】のリアルタイムレート



引用:https://coinmarketcap.com/

【チェーンリンク】のチャート

CC LAB.公式LINEはこちら


【Chainlink|チェーンリンク|LINK】の特徴・仕組み

それでは、次にChainlinnkの特徴についてです

Chainlinkについてネット上でも
色々な情報が掲載されています

具体的な技術などが知りたい方は
ネットで探してもらうと出てきますので

Chainlinkって何??
という方にとっては、正直専門用語で
詳しく説明されてもイメージがつきません

そこで
専門的な内容を省いてイメージしやすい
内容で特徴を見ていきましょう。

ブロックチェーンについては、こちらの記事を
読まれているあなたなら聞いた事があるのではないでしょうか?

何より大きな特徴は一言で言えば
ブロックチェーンとブロックチェーンを繋ぐことができる!



これが一番の特徴であり凄いと注目が集まる理由です

なぜ繋ぐことができるか?

こう聞かれることが多いです。
そこで改めて、あなたに聞きたいと思います。

なぜ繋がるかを知りたいですか?
そうです。
「そこまで知りたいというわけでは・・・」
そう思っていませんか?

その通りなんです。
一般のユーザー側からしたら、興味がないことなわけです。

例えば、クルマがなぜ走るのか?

自動改札がなぜ自動で開くのか?

これを知りたいと思ったことはありますか?

多分、ほとんどの人がそんなことも考えないでしょう。

使えればいい!それだけなのです。

知りたい人が調べますからね。

それと同様で、Chainlinkがなぜ
ブロックチェーンとブロックチェーンが繋がるのか?

この仕組みを具体的に知りたい人は調べますが
一般的には、一体どんな機能を持った銘柄なのだろう?

実際には、これが知りたいだけな人が多数なのです。

もう少し掘り下げると
ブロックチェーン同士を繋ぐことができる。
厳密に言えば、異なるブロックチェーン同士を繋ぐことができる。

これがなぜ凄いのか?

ビットコインを初めとした
今までブロックチェーンでは、一つのブロックチェーンで
機能していました。
しかし、異なるブロックチェーンと繋ぐことは出来なかったのです。

そうだったの?

そう感じるのではないでしょうか?

「ブロックチェーン」という
ワードだけが先行して、ブロックチェーンはすべて一緒で
繋ぐことは当然できる。

と捉えている方は多いのです。

仮想通貨には様々な銘柄が存在して
銘柄ごとで特徴があります。

しかし、各銘柄のブロックチェーン同士を
繋ぐことが出来ないためなかなかユースケースに繋がらなかったのです。

例えば、ビットコインとイーサリアム
これは、有名な仮想通貨です。

しかし、ビットコインのブロックチェーンと
イーサリアムのブロックチェーンは繋ぐことが出来ません。

そのため、イーサリアムの大きな特徴の
「スマートコントラクト」
という機能があってもビットコインでは利用できない。

———————————————————————————————————
スマートコントラクトとは
スマート・コントラクト(Smart contract)とは、
契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。
スマートコントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。
1994年にニック・スザボ(英語版)により提唱された。

引用:Wikipedia

スマートコントラクトは言わば、自動販売機です。


自動販売機は、誰もいなくても飲み物が買えます。

お金を入れて、欲しい飲み物のボタンを押す。
下にある取り出し口に飲み物が出てくる。

これは誰が買っても同じ流れです。

これがまさにスマートコントラクトです。
——————————————————————————————————–

そのために、こんな機能があったら便利!という
機能を付けるために新たな仮想通貨が生まれていき
数千種類という銘柄にまで増えているというわけです。

そんな状況下で、Chainlinkが登場し
知る人が増えてきたことで、これは!と可能性を感じる人が
増えてきたのです。

ここ数カ月で、Chainlinkが数倍にまで価格が上昇しています。
それだけ、注目が集まっているということが誰もが実感してきている
のが現在のChainlinkです。

【Chainlink|チェーンリンク|LINK】の将来性

そんなChainlinkの将来性はどうなのでしょうか?
気になるところです。

先に結果からお話しましょう。

将来性はあります!

それはなぜでしょうか?

ブロックチェーンの公共インフラネットワーク

これが大きな理由と言えるでしょう。

これは中国が発表している
「Blockchain-based Service Network(BSN)」のことです。

BSNとは?
中国は、世界でも有数のブロックチェーン先進国です。
この中国がブロックチェーンを活用した公共インフラを構築しています。
2019年10月には習近平国家主席が
産業改革における重要技術として、
ブロックチェーンを位置づけたと発表しています。

他にも採用されている銘柄がありますが
そうした内容については、また改めてお話ししたいと思います。

特徴としての
ブロックチェーンとブロックチェーンを繋げる技術という
側面だけでも十分な将来性でもありますが、
一番は国家プロジェクトに選ばれている。

これが何よりの将来性と言えるでしょう。

CC LAB.公式LINEはこちら


【Chainlink|チェーンリンク|LINK】を購入できる取引所

そんなChainlinkを購入できるのはどこの取引所でしょうか?

国内の取引所では現在購入はできないので、購入する場合は海外の取引所になります。
Chainlinkを取り扱っている主だった取引所をご紹介いたします。

Binance

世界一の取引所と言われる大手取引所です。

Binance

Coinbase



Coinbaseは、アメリカのサンフランシスコに拠点を置く大手取引所です。

Coinbase Pro

Houbi Global




Houbi Globalは、Binance、OKEX同様に中国の大手取引所です。
Huobiグループは2013年にスタートし、銘柄数・顧客数・取引量ともに多く
セキュリティも強固として知られている大手取引所です。

Houbi Global

OKEX



2014年に創業されたOKEx(オーケーイーエックス)は、Binance(バイナンス)、
Huobi(フォビ)と並ぶ、中国の三大仮想通貨取引所の一つで、世界最大級の取引所です。

OKEX

Kraken



Krakenは、アメリカのカリフォルニアに拠点を置く、2011年から運営する大手取引所です。

取引所については、簡単な紹介となっていますので、利用方法等についてましては
別途記事をまとめますのでお待ちいただけたらと思います。

最後までお読みいただき、ありがとございました。

CC LAB.公式LINEはこちら


>フッターCTA

フッターCTA

テストテスト