これが人類の運命なのか?

2015年3月23日 at 10:40 PM

今日の3食目 18:00
バナナ 5本
はるみ 1個
デコポン 1個

IMG_7898a.jpg

今日の4食目 20:00
キヌアとローカレー
キウイフルーツとネーブルのサラダ

IMG_7901a.jpg

今日は久々のローカレー。
これ、ホント、とっても美味しいです!
今日は玄米じゃなくて、キヌアにヒラタケを入れて炊きました。
どうやらここのところの少食で、胃が小さくなったみたいです。
いつもより少ない量でお腹いっぱいになりました。

IMG_7904a.jpg

サラダは、サニーレタス、新玉ねぎ、ほうれん草、アルファルファスプラウト、キウイフルーツ、ネーブル。
フルーツが入ると味付けなしでも美味しく食べられます。

リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)
なんということでしょう。リオ会議(Rio+20)は環境の未来を全世界で決めて行く会議で、日本メディアも新聞やテレビで大きく取り上げてきたのに、もっとも衝撃的で環境危機の本当の問題を唯一示し、考えさせられるウルグアイ大統領の本音スピーチを誰も日本語に訳していません!
こんな大事なスピーチですので、日本の皆様にも紹介したく未熟ながら翻訳しました。訂正点や思ったことがありましたらコメント欄にお書きください。
もう一つガッカリしたことがあります。
リオ会議に期待を寄せ、Youtubeで各首脳のスピーチや、かの有名な伝説のスピーチをしたサヴァン・スズキさんの映像も見ていました。リオ会議では各国首脳が集まり、地球の未来を議論し合う場なのに、各国首脳は自分のスピーチを終わらせたら、一人一人と消えて行ってしまいました。世界中から何時間もかけてこの場に来ているのに、みな人の話は聞かず自分のスピーチで済ませている代表者が多いリオ会議だったと思います。
ウルグアイのような小国の大統領は最後の演説者でした。彼のスピーチの時にはホールにはほとんど誰もいません。そんな中、カメラの前で残したスピーチは、その前まで無難な意見ばかりをかわし合う他の大統領とは打って変わって、赤裸々に思っていることを口にしています。世界で最も「貧乏」な大統領と言われているエル・ペペ(愛称)が世界に対してどんなメッセージを残したのでしょうか。私にとってはいつも考えなければならない重要なスピーチにもなりました。
ムヒカ1a
ムヒカ2
ムヒカ3
ムヒカ4

なるほどー。
世界中の大人は、実は小学1年生と大差ない人格しかないってことですね。
だからゴ○ムなんて呼ばれちゃってるんですけどね~。
しかたないんです。
世の中の大半がゴ○ムちゃんだから。
だからこういう世の中になっているし、今後もそう変わらないんでしょうね。
世界の支配者の方々、上手に操って平和に導いてくださいな。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ウルグアイでは大統領の連続再選が禁止されており、ムヒカ大統領は退任だそうですが、
世界で一番貧乏な大統領の人生が映画化されるそうですよ。

見てみたいかも。 (YOKO)