Very rare

2017年3月17日 at 10:03 PM

ゼラチンのことを調査中のダーリン。どうやら最近になって、わかってきたこともあるらしい。そこでゼラチンの導入です。
二人ともバネ指や関節の異常がまだ残っているし、ヨーグルトとグラスフェドの肉を取り入れてから、実際私の肌が改善してきたので、徹底的にやってみようじゃありませんか。٩(`・ω・´)و
今日の1食目は、コーヒーゼリーを食べました。上に乗っているのは自家製ヨーグルト。
2食目はバナナを食べました。
← ダーリンが格闘しているのは、あの4kgのグラスフェド・ビーフの塊。
切れちゃう冷凍のはずが、なかなか切れなくて汗ビッショリ💦
4等分に切り分けて、再度冷凍庫へ。
今日の分は、1kgを4つに切って1枚なんと5cmくらいの厚みがありますよ!マジでこれ、二人で食べちゃうつもりですか?( ̄▽ ̄;)

3食目は生肉・・・じゃなくてっっ、ラズベリーのプニュプニュグミを食べました。
冷凍ラズベリーをピューレにして、40度で仕上げました。
ちょっと柔らかめだったかな~。でもとってもオーガズミック。
甘酸っぱいプニュプニュはとっても美味でした。

夕食は分厚いステーキ。今日もフランベ~!(ノ≧∇≦)ノ

ご覧の通り、ベリーレア。
でもね、グラスフェドは赤身が断然美味しいのだそうで、ベリーレアだと柔らかいし、臭みも全く感じません。肉が苦手だった私が太鼓判です。
その証拠に、この私が、今日も最後の1切れ以外は塩もコショウもなしの焼いただけで食べちゃいました。肉って焼けば焼くほど臭みが出ちゃうんですね。

全部で1kgのステーキ、私は300gくらい食べちゃいました。
残りはもちろんダーリンのお腹の中へ・・・。
すっごいな~。パワフルだ~。もしかしてサイヤ人だったりして。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

ステーキの焼き加減は、実は10通りもあるんだそうですよ。
生だとほとんどクセがないから、やっぱり肉の表面だけ芳ばしく焼けてるベリーレアか、せいぜいレアが断然オススメです。


実は10段階あるステーキの焼き方と美味しいステーキを焼くコツ