「家族」という近代的幻想の墓標

2016年8月13日 at 10:32 PM

ちょうど盆なのでよいタイミングかと思いますが、葬儀や墓に関しては私には不可解なことだらけです。まったく意味不明な儀式が「昔からの習わし」と言われて定着しています。というか、葬祭ビジネスの圧力によって押し付けられていますね。

何がおかしいかって、その極めつけをズバリ言いましょうか。
墓地を斡旋していたという細木数子もズバリ言えなかったことです。(笑)
私も最近、気づいたことなんですけどね。

まともに頭が働いている人だったら、ギャフンとなりますよ。
少しだけ論理的思考能力があればわかる話です。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する