倶会一処

2016年6月13日 at 1:33 AM

「倶会一処」とは、『仏説阿弥陀経』に出てくる言葉で、「倶(とも)に一つの処(ところ)で会う」と読み下し、阿弥陀仏の浄土で一緒になるという意味です。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する