生まれる前の記憶

2015年10月28日 at 11:38 PM

IMG_3810ダーリンは今日も朝からお仕事だったので、昨夜の残りのスープを食べて出動。お留守番の私は一人で柿とりんごと洋梨を食べて、庭仕事したり買い物に行ったり。
IMG_38143時過ぎにダーリンが帰って来たので一緒にフルーツを食べました。
いつもとやっていることは同じなんだけど、やっぱりダーリンがいないと変な感じです。
IMG_3817a夕食は茄子ときのことニラのスープ、レタスと小松菜とりんごの胡麻和えサラダ、お好み焼きみたいな匂いのコージーライスでした。
電子水のお陰でスープが一段と美味しくなっています。野菜から旨みがたくさん出るみたいです。
やっぱりスゴイですよ、これ。(ノ≧∇≦)ノ
玄米を浸水している水を一度も取り替えずに試してみたら思った以上にキレイなままでした。
読者限定、電子水のお試しイベント開催中です。電子水を試してみたいという人は読者登録して申し込んでくださいネ。

IMG_3793a

深夜から久しぶりにたくさん雨が降りました。庭の土が乾燥して、小さい苗たちは水やりが必要だったのでちょうど良かったです。しかも朝には止んでいてサイコー❤ いつもこんな降り方だったら大歓迎です。
IMG_3797a物干し竿のしずくがキラキラ光って、ちょっと角度を変えるとイルミネーションのように虹色に変化してキレイ~❤ 
小さい☀お日様がたくさん並んでいました。
IMG_3807a先日のダーリンの記事「未来の子どもたち」の正体にあった輪廻転生の話ですが、実際に前世の記憶がある人もいるそうですね。
少しご紹介。

「生まれ変わり」の事実(1)

平田篤胤先生の『勝五郎再生記聞』には、文政五年(1822年)、武蔵国多摩郡中野村(現在の東京都中野区内)に住んでいた当時八才の勝五郎という少年が、前世でのできごとや亡くなった時のこと、また死後に出会った白髪の老人のことや、この家に生まれることになった経緯などを語ったことが記されています。勝五郎から彼の前世の話を聞いた祖母は、どうしても前世で住んでいた村に行きたいとせがまれ、半信半疑ながら彼の手を引いてその村へ行ってみたところ、そこには勝五郎が語ったとおりの風景があり、前世での彼の両親が実際に暮らしていたのでした。
 以下、伴信友先生(平田先生の友人)に勝五郎が語った内容をいくつか挙げてみたいと思います。

 
IMG_3805a続きはリンク先でどうぞ。
そして、もう1つ。
輪廻転生はあり得るのか?過去の記憶を持つという転生した10人のストーリー

ダーリンと一緒ならもう一度生まれてきてもいいかなと思ったりもしますが、そう思えてしまうということは満足しているってことだから、もう卒業できるかもしれないってことかしら。

皆さん、大丈夫ですか?とことんオーガズミックに生きなきゃ損ですからネ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

IMG_3806b