キャラ設定が経歴詐称になるのか?

2016年3月20日 at 12:00 PM

テレビレス生活になってもう6年ほどになります。ときどき芸能ニュースなどに絡んでYouTubeで映像をチェックしたりしますが、出演者が高齢化するだけで、顔ぶれがあまり変わらないのに驚きます。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

恐怖のとまとゼリー

2016年3月19日 at 11:33 PM

IMG_7333

今日は三芳村で和田さんが、異性化糖(果糖ぶどう糖液糖)が遺伝子組み換えとうもろこしからできていること、それがあらゆる加工品に使われていること、日本は遺伝子組み換え輸入大国であることを、勉強会で知ってビックリしたという話をしていました。
長年、完全無農薬・無化学肥料で頑張っている三芳村の重鎮ですら知らなかったなんて、こっちがビックリです。(lll-ω-)ズーン
このブログの読者さんたちは大丈夫ですか?

甘夏の収穫開始

2016年3月18日 at 11:17 PM

IMG_7307

今日は甘夏をカゴいっぱい収穫しました。53個も採ったのに、木を見ると大して減ったようには見えません。
今年はいっぱいできましたネ。

スミレ

2016年3月18日 at 12:41 AM

IMG_7296a

庭にたくさんスミレが咲いています。ちょこっと摘んできてサラダにトッピングしてみました。

ドラマチックがとまらない

2016年3月17日 at 12:43 PM

しかし、ハイポニカの本を何冊か読みましたが、そんな話はどこにも書いてありませんでした。
むしろ普通のトマトよりおいしいという情報ばかりです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

お気に入り パパイヤボート

2016年3月16日 at 10:19 PM

IMG_7254a

今日はお客さまだったので、一緒に食べたランチが1食目。

春だ~❤

2016年3月15日 at 11:50 PM

IMG_7225a

今日からしばらく☀が続きそうです。
庭畑のマスタードがトウ立ちして、花芽が私の身長を超えています。とってもキレイ。

ボノボの食事

2016年3月15日 at 12:35 PM

ボノボの食事についてさらに詳しく見ていきましょう。

ワンバに入った研究者たちは、餌場で観察するほかに森にも足を踏み入れた。このあたりの森には3つの種類がある。
川の近辺に広がるスワンプフォレスト(湿地林)は、土がぬかるんでゆるいので、比較的低い木が支柱根に支えられ、たがいにもたれあって生えている。
プライマリーフォレスト(一次林)は土がもっとしっかりしていて、50mに達する高い木が密集して生えている。樹冠が重なり合うので、森の中は暗い。太陽の光が届かないため、下生えはわりあいまばらである。
そしてもうひとつが、人間が伐採したあとできるセカンダリーフォレスト(二次林)だ。人間がいなくなるとたちまち樹木や草が伸びてくるが、木が充分に生長したあとでも、プライマリーフォレストほど密集しない。草むらが点々としているのは、そこだけ光が届くからだ。
ボノボはどの森にも姿を現すが、いちばん好むのは植生がバラエティに富むプライマリーフォレストである。

樹冠が重なり合う暗い森の中がボノボの好きな居場所なんですね。人間も体毛を失ったということは、そういった暗い場所に長くいたのではないでしょうか。地底人だったのかもしれません。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

びっくり炊きで金柑コージー

2016年3月14日 at 9:18 PM

IMG_7212a

25時間経過。かなり甘くなりました。ゆるめのリゾットみたいな状態。
本当はこのくらい薄めた方がいいのかもしれませんが、私はぽってりしたコージーがいいなぁ。

ボノボとレフュジア

2016年3月14日 at 2:33 PM

人間にいちばん近い動物はチンパンジーですが、昔は「ピグミーチンパンジー」と呼ばれ、チンパンジーの一種だと思われていたボノボも同じぐらい人間に近いそうです。
dendrogram
ボノボとチンパンジーも遺伝子的には近いのですが、性格がかなり違うことがわかっています。チンパンジーは攻撃的ですし、他のオスの子を殺したり、肉食もけっこうしますが、ボノボは性行動によって争いを避ける平和主義者で、果実食中心で、めったに肉食しません。
なんでボノボの話になったかというと、先日、微生物の本を読んでいたら、こんな箇所があったんです。

野生のチンパンジーやボノボが摂っているかなり限られた食物と比較して、我々の現代の食生活を考えると、腸内微生物叢が似ているとはとても思えないだろう。しかし、この考えは間違っている。
ゲノム解析によると、我々が持っている細菌叢は、雑食性哺乳類に典型的なもので、ボノボの腸管の生態系にそっくりだった。ボノボの餌の中では果物が大部分を占めるのに、我々の微生物叢はこのモデルとさほど違わない。
我々が摂取する動物性タンパク質や脂肪がどれほど多いかを認めれば、これは驚くべきことだが、腸内細菌は常に植物質のものに興味があるように見える。動物質のものは、結腸に繁殖している細菌の大群にたどり着く前に、胃の中で消化されている。
人間の腸内微生物叢に見られる個体差は、ヒトとほかの動物の間の差よりもかなり小さい。チンパンジーやゴリラ、オランウータンなどの類人猿の餌には果物よりも葉物が多く、彼らの腸内微生物叢はボノボとヒツジの中間型である。(p.159-160)

生物界をつくった微生物

腸内細菌叢から見ると、人間とボノボが同じで、他の類人猿とは違うというんですよ。ということは、ボノボの食生活を調べれば、人間にとって最適な食べ物が何かわかるかもしれないですよね。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する