農法比較実験 永田農法

2015年6月19日 at 12:17 PM

シケた日本の土地において、いかに湿気を除去するかが、野菜栽培のポイントだというわけです。人間だってそうです。最も嫌なシーズンは蒸し暑い梅雨です。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

農法比較実験 カルスNC-RとムクダイP

2015年6月18日 at 2:57 PM

人間がわかったつもりで使ってきた化学肥料には大きな弊害がありました。よくわからないけど効果があるほうが本物ではないでしょうか。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

農法比較実験 腐植前駆物質リードアップ

2015年6月15日 at 3:00 PM

この事実がもつ意味は大きい。自然界が千年単位の時間をかけて生成する腐植前駆物質を極くわずかな時間で生成したことになるからだ。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

農法比較実験 土耕菌ナルナル

2015年6月12日 at 6:54 PM

生の野菜と果物を主食として食べていると、キッチンでの調理に限界を感じてきます。「ローヴィーガンの調理は畑から」をスローガンに、おいしい野菜を最高の鮮度で食べることを目標として、実験をスタートしました。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

農法比較実験その2

2015年6月4日 at 3:00 PM

さつまいもを植えるために畝をたてたとき、かなりの量の雑草の根が出ました。これを耕さないでそのままにして、野菜が育つと考えるのは無理がありますよね。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

農法比較実験

2015年6月1日 at 9:11 PM

私のように農業とは無縁の人生を歩んできて、畑のことをまったく知らない人には、こういう情報のほうが面白いのではないかと思います。失敗例のほうが勉強になりますからね。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

露木裕喜夫の「生きている土」の匂い

2015年3月16日 at 11:06 PM

野菜や果樹にとってよい環境は何かと考え、育てる植物ごとに、日当たり、水はけ、土壌のPH、ミネラルを最適にしようとします。農業は土作りだと言われますので、化学肥料を配合したり、堆肥を発酵させたり、客土したり、耕したり、いろいろ工夫するわけです。しかし、どうやらそれでは根本的に観点がずれていたようだと、露木裕喜夫(1911~1977年、三芳村の無農薬・無化学肥料農業を指導)の『自然に聴く』を読んで気付きましたので、今回は「生きている土」についてまとめておきます。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

ローヴィーガンの調理は畑から

2015年2月8日 at 6:11 PM

ローヴィーガンにとっての調理とは、素材である野菜やフルーツそのものを作ることではないかと思えてきました。畑で野菜を育てる段階でなければ「おいしい野菜」を作ることはできないと思うのです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

鈴木式ジュースマシンの台座

2014年12月9日 at 4:20 PM

ジュースマシンは、ジュースを作る前提だからなのか、あまり大きな容器で受けるように設計されていないのかもしれません。このように工夫して使いこなすのも楽しみのうちかと思います。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

ローヴィーガン調理術 ~鈴木ジュースマシンでローカレー~

2014年11月28日 at 12:06 PM

今回は、「ローヴィーガン調理術」と題して、鈴木ジュースマシンの使い方を説明したいと思いますが、この「調理」は英語のクッキングの意味ではなくて、日本語の調理の意味です。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する