やっぱりジタク・リゾート

2017年11月22日 at 6:15 AM

しかし、魚肉の味って、いったい何なんでしょうか。
同じたんぱく質系の食べ物とされますが、グラスフェドのオージービーフとはあまりに違いすぎる・・・。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

科学万能信仰への反動としての自然万能信仰への反動

2017年9月21日 at 12:00 PM

まだ社会全体からすれば大した比率ではないのでしょうが、「自然」が好きな人が増えてます。自然治癒、自然食と「自然」ならなんでも良いものだという一種の信仰のようなものができあがっているように思います。私も自然がいいと思ってきましたし、そう信じ続けたいものですが、どうも現実は違いますね。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

パラドックス

2017年9月10日 at 9:09 AM

こうしてオージービーフをほとんと生で食べるたびに思いますが、どうしてこれに塩などで味付けする必要があるんでしょうか。本当に味が濃いので、そのままで十分なんですよ。これに塩をつけたら、塩の味になってしまって、肉のあじわいが損なわれるだけです。それだけでなく、肉と一緒に食べることで、野菜もドレッシング不要になります。普通の食事だと、肉には最低限でも塩コショーをして、さらにサラダには塩と油をつけるわけでしょ? 

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

サイコパスを引き寄せた

2017年8月21日 at 10:32 PM

スピリチュアルに考えるなら、この経験は私に必要だったからこそ引き寄せたわけです。いったい何のために?

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

手を握ってしまった理由

2017年8月4日 at 1:07 PM

今日は天気予報が外れて雨になったので、雑談ネタでも書いておきます。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

謎のコンニャクリート

2017年7月25日 at 2:55 PM

コンクリートを練っていると、コンニャクの臭いがしてきます。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

「一度きりの人生」という妄想

2017年7月21日 at 11:50 AM

スピ系では「いま、ここ」という言葉が流行っていて、私も「いま、ここ」を気持ちよく生きることが大事だと思ってますが、どうも人それぞれいろんな意味で言っているようです。面白いですね。
たとえば、「人生は一度きりだから」という前置き(理由)があって、だからこそ「いま、ここ」を大切に生きようという文脈で使っている人がいます。私は人生は一度きりだとは思ってません。いったいどこに人生が一度きりだという証拠があるんですか。延々と続くからこそ、「いま、ここ」を楽しむしかないと思っています。
「人生は一度きり」と言っている人は、解脱することがいかに難しいかということを仏教で説いていることを知らないのでしょうか。人生は一度きり、つまり、今回の人生で終わりということは、今回の生涯をもって解脱できるという意味ですが、いったいどうやったらそんな自信を持てるのでしょうか。
むしろ逆なんです。「いま、ここ」を楽しみ、24時間365日、オーガズミックに生きることができてこそ、今回の人生で終わりになる(つまり、解脱できて)、「人生は一度きり」になるんです。ちなみに、私はそれを目指してます。(笑)

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

ベンチュリー効果

2017年7月19日 at 4:06 PM

ベンチュリー効果というのをご存知でしょうか。
水道の水圧を使って、液肥を希釈した水を散布できないものかと考えていて、こんな商品があることを知りました。


それで、この希釈器はいったいどんな仕組みなのだろかと疑問に感じて調べてみたら、「ベンチュリー効果」というキーワードにたどりついたんです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

ジタクリゾート

2017年7月14日 at 9:26 AM

自宅がリゾートなんです。
いま、ここを最高にしたいからです。
それがオーガズミック・ライフです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

世界初!DEWS with Bの撮影に成功

2017年7月8日 at 10:45 AM

えひめAIと光合成細菌を位相差顕微鏡で観察してみました。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する