カロリーアップで減量作戦日誌11月17日

2017年11月18日 at 9:00 AM

今でこそ、生食できる野菜が増えましたが、シケた環境ですから加熱しないと食べられないような野菜しか栽培できないのです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

「医者」の肩書

2017年11月17日 at 3:00 PM

私の結論ですけど、理論的な裏付けはむちゃくちゃですけど、病気の人とか高齢者とかで、もはや運動する気力も能力もないというケースなら、このMEC食や糖質制限食は良いと思いますよ。運動しないのですから、燃料(糖質)は不要ですよね。MECも糖質制限も、運動しない現代人を前提にしたダイエットなんです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月16日

2017年11月17日 at 7:41 AM

食品のカロリーは、「ある物体を空気中で燃焼させたときの熱量が、一定量の水の温度をどれだけ上げるかという物理学的な数値」ではありません。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月15日

2017年11月16日 at 9:00 AM

コンニャクダイエットだろうが、糖質制限だろうが、玄米菜食だろうが、世にある減量ダイエットというのは、結局は食欲をコントロールする方法なんだろうと思います。言うならば「食欲減退法」ですね。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月14日

2017年11月15日 at 8:16 AM

雨天のためあまり運動できませんが、低カロリーな馬肉でカロリー収支の黒字幅を抑えることができる予定でしたが、どうも最近、バナナを食べ過ぎてしまいますね。大幅にオーバーしてしまいました。やっぱり糖質は制限したほうがいいのでしょうか?(笑)

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月13日

2017年11月14日 at 9:00 AM

昨日は良い天気で、万田酵素を噴霧器で葉面散布しました。金柑にスプレーしていたら、ちょうど太陽の光と交差してレインボーができました。小鳥はさえずっているし、まるでエホバの証人のパンフレットに出てきそうな絵に描いたようなパラダイスです。(笑)

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月12日

2017年11月13日 at 8:20 AM

私のように適正体重に落としたいケースでも、逆に適正体重に増やしたいケースでも、FLESHダイエットという共通の考え方・方法で実現できることが、証明されつつあるわけです。

FLESHダイエットの両輪は
1. 体に消化の負担をかけない食べ物を選ぶこと(生肉とフルーツ、黒糖)
2. 運動すること
です。

特に肥満でやせたい場合は2の運動が大事ですし、やせすぎで太りたい場合は1の食べ物の選択が重要でしょう。でも、どちらのケースでも、この二つが両輪となって前に進んでいきます。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月11日

2017年11月12日 at 9:00 AM

運動量が見込めないのと、それほど肉を食べたい気分にもならなかったので、ベジ・デーに変更してサツマイモを食べることにしました。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月10日

2017年11月11日 at 8:32 AM

あなたも、馬肉を食べて、馬のようになってみませんか。
バナナを食べて、規格外の大きすぎるバナナのようにそりかえってみませんか。
さあ、始めましょう。
FLESHダイエットは、男を立てるダイエットです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する

カロリーアップで減量作戦日誌11月9日

2017年11月10日 at 9:00 AM

単純に考えると、生物としてはできるだけエネルギーを蓄積しておくほうが生き残り戦略としては有利なはずで、太るほうが正常だと思いますが、もしかすると、人間の脳はさらにもっと複雑なコントロールができるように高度に発達しているのかもしれません。運動しないと食べ物が得られない環境にいる場合と、運動しなくても食べ物が得られる環境を識別し、それぞれのケースで最適な選択をしている、ということです。

このコンテンツは登録された 読者 限定となっております。
読者の方はログイン 読者に登録する